Message・代表メッセージ

社員は、会社の財産。一人ひとりの成長を、支援する会社でありたい。

横浜エンジニアリング株式会社 代表取締役 長谷川 雄二

「設計の仕事」は、サービス業です。

1997年に横浜エンジニアリングを設立して以来、こだわり続けてきたことがあります。それは、必ず“質の高い仕事”を手掛けること。設立以来、大手顧客から支持され、関係性を深めてこられたのにも、そこに理由があるのです。

質の高い仕事とは、“お客様の要望を叶えられる仕事”のことを指します。私は、設計の仕事をある種のサービス業だと考えているのです。サービス業と言われると、接客・販売の仕事を思い浮かべられる方が多いかもしれません。しかし、お客様の要望を叶えるという意味では、「設計」の仕事もまた立派なサービス業です。お客様の思いを汲み取って、ゼロからカタチにする設計業務があってこそ、世の中にモノが完成します。特に私たちが手掛けるのは社会インフラを支えるプラント関連事業が中心。世の中から頼りにされる仕事です。

プラント外観

世界中で重宝されるプラント設計の技術を習得し、
社会に貢献できる人に育ってほしい。

プラントの設計技術を習得するには、非常に時間と労力がかかります。1人前になるまでに10年、スペシャリストになるのに20年、いや、もっとかかるかもしれません。それほど奥が深く、厳しい仕事なのです。だからこそ、競合企業も新規参入企業も少なく、豊富な経験と実績を有する当社は重要な役割を期待されています。世の中のインフラを支える絶対に必要な仕事なので、景気に左右されることも少ないと言えるでしょう。

ただ非常に奥が深い世界なので、お客様に付加価値のある仕事を提供するには、常に研究や勉強を行ない続ける努力が求められます。最初から全てできる人はいません。社員みんなが教育担当となり、設計業務スキルやノウハウを伝授していきます。経験よりも、熱意と意欲が大事。年齢を重ねても、コツコツと努力していける覚悟がある方と一緒に働きたいのです。

日々努力を重ねて、あなたにしかできない設計ができるようになったとき、国内だけでなく海外からも名指しで指名が入る設計者になっていることでしょう。私がお約束します。

社内風景

Topへ